障害年金の年金額はどれくらい?

障害年金についてとどれくらいもらえるのかをご紹介します

作者別: 管理者


障害年金でもらえる額

18年07月19日

未分類

障害年金でもらえる額 はコメントを受け付けていません。


障害年金は、病気やケガの障害のため、生活や仕事をするのが難しくなった場合、受け取れる年金です。もらえる金額については個人の状況によっても違います。しかし、どのくらいの金額がもらえるのでしょうか?

電卓国民年金を加入していれば、「障害基礎年金」を受給することになり、障害等級が1級と2級の人が対象です。1級は、ヘルパーなど人の介助が必要となるくらい重い障害の状態です。2級は、1級よりも軽い障害ではありますが、障害によって日常生活が困難となった場合は2級となります。「障害基礎年金」は、個人差はなく全員一律の金額となっています。平成29年度の受給金額では、1級は年額974,125円、2級は年額779,300円です。また、子どもがいる場合は、2人までは年額各224,300円、3人以降は、年額各74,800円加算されます。もし、病気やケガで働けなくなった場合、収入がなくなった場合でも、お子さんを育てるための強い味方となります。厚生年金加入していて、1級よりも症状は軽いが、働くのが困難である場合は3級となります。

厚生年金に加入していれば、「障害厚生年金」を受給することになります。受給できる金額は、収入や厚生年金加入期間や保険料などによっても変わってきますから個人差がありますが、1、2級であれば、「障害基礎年金」+「障害厚生年金」と2重で受給することができます。障害年金の月額にもらえる金額の平均は、国民年金加入であれば、1、2級で8万円程です。さらに、厚生年金加入であれば、1級で16万円程、2級で12万円程、3級に関しては、6万円程が月額にもらえる平均金額となっていますから、病気やケガで生活や仕事が困難で不安な人は、ぜひ障害年金の申請をしましょう。

障害年金ってなに?

18年07月02日

未分類

障害年金ってなに? はコメントを受け付けていません。


医師病気やケガをして、日常の生活に支障がでるばかりでなく、仕事ができなくなったりすると収入もなくなります。収入がなくなると、たちまち生活にも困ってしまいます。そこで、あまり知られていませんが、障害年金を利用することをおすすめします。障害年金とはどういったものなのでしょうか。

障害年金とは、病気やケガで障害があり、通常の生活や仕事が困難な人が受け取れる年金のことです。年金というと、原則65歳以上からもらえる「老齢基礎年金」のことを思い浮かべるかもしれませんが、障害年金は、20歳以上で、若い人でも受給できる年金です。障害年金は、障害の原因となった病気やケガの診断を医師から初めて受けた日に、国民年金や厚生年金に加入しているかで受給できる年金の種類が違います。国民年金であれば、「障害基礎年金」で、厚生年金であれば、「障害厚生年金」です。また、障害の程度によって等級が1級から3級まで分かれていて、受給金額も違います。

障害年金の等級については、日本年金機構の認定委員と呼ばれる医師が判断します。日常生活が困難で、他人の手が必要な思い障害や症状の場合は、1級とされます。1級よりも軽い症状で、他人の手が必要ではないが、日常生活が困難な人は2級となります。3級は、1級よりも軽い症状で、傷病が治癒してても、労働に制限がある場合で、厚生年金加入者にのみ与えられている等級となります。また、3級より症状が軽く、軽い障害が残った場合は、一時金を受け取れる「障害手当金」を受け取けとることができます。障害年金は、地方公共団体が交付している障害者手帳と混同されることが多いですが、国の制度です。遡及請求もできますから、障害年金がもらえる可能性がある人は、専門家に一度相談してみましょう。

もしもの時の障害年金

18年07月01日

未分類

もしもの時の障害年金 はコメントを受け付けていません。


アルツハイマー「年金」といえば、お年寄りがもらえる「老齢基礎年金」を想像される人も多いしょう。また、被保険者が亡くなった時に、配偶者や子供に支払われる「遺族年金」も有名です。そして、あまり知られていないのが、「障害年金」です。障害年金はとはどういった年金なのでしょうか。

障害年金は、認知度が少ないですが、ケガや病気の障害のため生活するのが難しくなったり、仕事ができなくなったりした時などにもらえる年金で、若い人でももらうことができます。障害年金は、心身の障害状態が対象となります。手足切断などの肢体の障害、糖尿病、脳血管疾患、癌などの身体的な傷病が対象なのはもちろんのこと、発達障害や知的障害、うつ病、若年性アルツハイマーなどの精神疾患なども対象となります。

障害年金は、1級から3級までの等級が分かれていて、等級によってもらえる金額が変わってきます。等級の判断は、日本年金機構の認定委員の医師が決定します。1級は、普通にひとりで生活できないくらい重い障害に認定されます。2級は1級より軽い障害で、3級は、傷病が治癒していても、労働に制限がある場合などに認定されます。また、3級にも満たない場合は、障害手当金という一時金をもらうこともできる場合があります。障害年金の計算方法は、障害の認定された日に国民年金と厚生年金のどちらに加入していたかで変わってきます。国民年金や厚生年金は、「老齢基礎年金」だけではなく、もしもの時の備えにもなりますから、税金はしっかり払っておくことが大切です。このサイトでは、障害年金についてとどれくらいもらえるのかをご紹介します。