障害年金の年金額はどれくらい?

障害年金についてとどれくらいもらえるのかをご紹介します

障害年金でもらえる額

18年07月19日

未分類

障害年金でもらえる額 はコメントを受け付けていません。


障害年金は、病気やケガの障害のため、生活や仕事をするのが難しくなった場合、受け取れる年金です。もらえる金額については個人の状況によっても違います。しかし、どのくらいの金額がもらえるのでしょうか?

電卓国民年金を加入していれば、「障害基礎年金」を受給することになり、障害等級が1級と2級の人が対象です。1級は、ヘルパーなど人の介助が必要となるくらい重い障害の状態です。2級は、1級よりも軽い障害ではありますが、障害によって日常生活が困難となった場合は2級となります。「障害基礎年金」は、個人差はなく全員一律の金額となっています。平成29年度の受給金額では、1級は年額974,125円、2級は年額779,300円です。また、子どもがいる場合は、2人までは年額各224,300円、3人以降は、年額各74,800円加算されます。もし、病気やケガで働けなくなった場合、収入がなくなった場合でも、お子さんを育てるための強い味方となります。厚生年金加入していて、1級よりも症状は軽いが、働くのが困難である場合は3級となります。

厚生年金に加入していれば、「障害厚生年金」を受給することになります。受給できる金額は、収入や厚生年金加入期間や保険料などによっても変わってきますから個人差がありますが、1、2級であれば、「障害基礎年金」+「障害厚生年金」と2重で受給することができます。障害年金の月額にもらえる金額の平均は、国民年金加入であれば、1、2級で8万円程です。さらに、厚生年金加入であれば、1級で16万円程、2級で12万円程、3級に関しては、6万円程が月額にもらえる平均金額となっていますから、病気やケガで生活や仕事が困難で不安な人は、ぜひ障害年金の申請をしましょう。